手帳とか日記も断捨離しなきゃ〜でも、思い出も詰まっているし、個人情報も書かれているし、どうやって処分したらいいの〜って悩むことありますよね。

そこで、今回は手帳や日記の処分についてのお話になります。

断捨離を決意したなら捨てるべき

手帳とか日記って月日が経つごとに溜まっていきますよね。それは決して悪いことではないと思うのですが、手帳の種類によっては保管場所をとってしまって「そろそろ整理して捨てようかなぁ…」なんてことに。

ところが、捨てる方法に困ってネットなどで検索してみたりするとサイトによっては「手帳や日記は大切な思い出、大事にとっておきましょう」なんて書かれていたりするから厄介(笑)

結局、そのままずるずると引き出しや本棚にしまわれてしまうのではないでしょうか。

それだと何も進展していないので、やはり一度は断捨離(捨てる)することを決めたのであれば、捨てたほうが良いでしょう。

スマホのカメラでパシャリ

とは言うものの、ただ捨てると言っても思い出の品。そこで捨てる前に中身のチェックです。一時的なメモや、忘れてしまいたいような記述は無視して、何かのIDであったり、心に響いた名言であったり、あとでまた読み直したいようなものはスマホのカメラアプリで写真化しちゃいましょう。

データにしておけばいつでも見れますし、Evernoteのようなアプリで保存すれば、検索も可能になります。ひとまず手書きの手帳、日記をそのままパシャリとするだけなので簡単ですね。

家庭用シュレッダーがあればなお良し

大事な思い出はスマホに保存したし、いざ捨てる番です。

基本的には可燃ごみとして各自治体のルールで捨ててしまいましょう。

「中身を他人に読まれたら…」と気になる方は、コンビニの袋にでも入れて、ふたをしっかりすれば大丈夫。袋を破ってまで中身を見る人がいたら、それはもう犯罪の領域。

それでも気になる、または銀行口座暗証番号や体脂肪率などトップシークレットなことが書かれている場合は、ハサミなどで裁断して、小分けにして捨てることをおすすめします。

1万円未満でも使える家庭用シュレッダーなどもありますので、そちらを利用できれば最高ですね。

新しい手帳でリフレッシュ♪

過去の手帳とおさらばして、気持ち新たにリフレッシュしたあとは、新しい手帳でも購入していっぱい書きまくりましょう(笑)

ちなみに、べありすたのお気に入りはMOLESKINEとほぼ日手帳だよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA