コンビニに行くとガム、キャンディ、炭酸飲料、チョコレートなどなど、誘惑がいっばいですよね(笑)

特にストレス社会と言われる現代では、すぐに喉が乾いたりして飲み物を飲んだり、ちょっと口が寂しくて、お菓子をつまんだりとしてしまうもの。

Bearista(べありすた)も仕事中についつい飲んだり、食べたり、あっ内緒ですよ(笑)

そんなコンビニおやつの中でもビジネスマンに人気なのが「男梅」シリーズ♪

名前は男梅ですが、男女かかわらず人気で結構品切れになってたりもする「男梅」、梅干しパウダーが癖になるお菓子ですね。

その中でも最近Bearistaが嵌っているのが男梅ソフトキャンデー♪

男梅ソフトキャンデーはめちゃ美味しい

男梅ソフトキャンデー

1袋35gの内容量で実際に手元にある男梅ソフトキャンデーで確認したところ10粒入ってました。

これ、すっごく美味しいんですけど、ところがちょっと気になることが…

それは…

男梅に含まれている塩分量!!!(笑)

血圧高めの方の塩分摂取量

ここで、ちょっと話は変わって血圧高めの方の話ですけど、あ…血圧高めの方とは高血圧症とかの診断を受けた人も含め「血圧が高い人」ですよ(お察し下さい)

血圧が高いと言われる目安は、上(収縮期血圧)が135mmHgで、下(拡張期血圧)が85mmHgのようです。これって時代とともに変わるので「今は」この値ってことですね。

で、塩分の摂り過ぎは血圧に悪いのですが、その血圧高めの人の1日の塩分摂取量目標値は、日本高血圧学会によると1日6g未満を推奨しています。つまり1食換算でいうと2g。朝食、昼食、夕食それぞれで塩分2gですよ!いいですね2g…

では、前述の男梅ソフトキャンデーの栄養成分表示を見てみましょう^^

1袋で1食分に近い塩分が(笑)

ばーーーーーん!なんと1袋で1.88g 食事1回分に近い塩分が(笑)

まあ、さすがに1袋を全部食べちゃうのは(美味しいので油断すると食べちゃいます)どうかと思いますけど、それでも結構な塩分量なのですよ。

今回は最近はまっている「男梅 ソフトキャンデー」を取り上げましたが、コンビニのおやつは魅力的なのが多いですけど、塩分量が意外と高いものがあったりするので、血圧高めの方は要注意ですね。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA